FC2ブログ

10月24日 高大祭作品プリント・修了作品展作品選出

 
先週に引き続き展示作品の選定とプリント実習の日である。
 展示用作品の選出と、展示に耐える作品にするため順序よく太田先生の個別添削を受ける。
 先生から本日スケジュール説明のあと、プリンター設定の重要注意点について指導があったので、爾後のプリント作業(フォトショップエレメンツ)の必須としてください。
 ● 編集(E) → カラー設定(G) → プリントに最適化
 ● ノートパソコンモニターの角度は、45度
 ● ファイル(F) → プリント(P) → 詳細オプション(M) → カラーマネージメント → プリンターによるカラー管理

 また本日は、本校のオープンキャンパス該当日で、カメラ芸術創作科にも数回に分かれて約60名程度が見学された。
 オープンキャンパスに際しては、7階展示場所で、カメラ芸術科(本科)、研究科、創作科の3科ごとに、数点作品展示してPRした。

 午後のクラス会概要は後述するが、次回(10月31日)作業齟齬が無いよう必要携行品を掲載しておきます。
 ● 高大祭展示用作品
 ● 額(手袋、ガラス拭き用布、プラスドライバー)
 ● バザー用出展品(中古不可)


 講義開始前のリラックス状況

01受講前風景


 講習スケジュール説明

02講習スケジュール説明進行 


 展示用作品の選定、選択状況

03作品展展示作品選定相談 



 オープンキャンパス見学状況 1

04オープンキャンパス見学者状況


 オープンキャンパス見学状況 2

05オープンキャンパス見学者状況


 選出作品プリント時の受講者席に出向いて個別添削する太田先生

06受講者席での個人別作品添削風景


 午後クラス会のクラス委員長説明

07クラス委員長からの今後の日程説明


 オープンキャンパス見学者用に7階で展示された、創作科のブース

08.jpg


 クラス会でのお知らせ事項

1 高大祭(11月8日)
  作品展示場所に、班ごとのローテーションで説明要員を配置する。(時間帯の確認は班長に)
  展示終了後の作品搬出は、15:00 個々人で持ち帰り

2 遠足(11月14日)
  撮影場所 : 姫路城
  集合時間 : 10:00(雨天決行)
  集合場所 : JR姫路駅、姫路城口改札前

3 撮影実技Ⅴ
  撮影場所 : 大阪駅、周辺
  集合時間 : 10:00(雨天決行)   
  集合場所 : 大阪駅ビル5F(時空の広場)

4 修学旅行
  3月6日友が島で旅行社と調整中
  正式日程、旅行先は12月初めに決定予定


 担当 A松
  

スポンサーサイト



10月17日 プリント実技Ⅱ

ブログ№1DSC09019 
太田先生より、高大祭及び修了作品展用写真の選定に関して説明があり、抽選で決まった班順に、個別に指導して頂き、順次作品が決定していった。
尚、データの準備がまだの方は次週24日に指導を受けることになった。

ブログ№2DSC09017


ブログ№3DSC09018

事前にプリント用紙(30枚)が配布され、各自、修了作品集のプリント作業に入った。
前回のプリント実技(7月18日)から間があいたこともあり、ソフトの立ち上げに手間取ったり、プリントに失敗した方もあったが、徐々にペースもあがり、順調に進行していった様である。
しかし、最終40枚の完成迄には、まだ道程があり、撮影を含めた頑張りを意識させられた時間でもあった。
又、高大祭用作品のサイズ(293×195)の指示があり、このプリントを実施した方もおられた様である。

レポート3班 Y・S

何台かのプリンターで色がおかしかったので、先生に聞きました。

プリント⇒詳細オプション⇒カラーマネジメント を見る。
詳細オプション

ソースカラースペースがAdobe RGB になっているか、確認する。

なっていなければ、一旦、プリントジョブを終了し、イメージ⇒カラープロファイルを変換⇒AdobeRGB プロファイルに変換をクリックする。
また、編集⇒カラー設定⇒◎プリント出力用に最適化と設定する。

追記: H.H





10月11日 スポーツ交流大会

今年から、会場が地下鉄朝潮橋の大阪市中央体育館に。
筆者は初めて利用したが、昨年までの大阪府立体育館に比べ、施設も新しく、大きくなった。
①大阪市中央体育館

*10時から開会式。理事長挨拶、校歌斉唱。
②開会式

*全員で準備体操をして、競技開始。
③準備体操

*最初の競技種目は、曜日対抗ニュースポーツ。
 フープディスゲッター・ニチレクボール・
 ラダーゲッターの3種目で熱戦を展開。
 当科は、2勝1敗で火曜日の得点に貢献。
④曜日対抗

*お昼休みは、恒例の河内音頭。
⑤河内音頭

*午後の競技は、曜日対抗玉入れ。
 当科は、第2試合に出場し、2位の好成績。
⑥玉入れ

*競技終了後は、童心に戻り、全員でフォークダンス。
⑦フォークダンス

*フォークダンス終了後に閉会式。
 (参加人数は、開会式の半分以下)
⑧閉会式

*気になる成績発表。
 火曜日は総合第3位 得点20点
 (優勝22点、2位21点)
 僅差の第3位ですので、立派!
 競技参加の皆さんお疲れさまでした。

レポート H.H

10月3日 作品研究Ⅳ(南禅寺 テーマ「対比」)

作品研究に入る前にテーマ設定の考え方について先生から説明があった。
テーマを頭に入れておくことにより、撮影現場で考えて撮るという習慣を身につけ、そしてそのテーマを被写体に求める。

6班から作品研究をスタート。
先生から、特にコメントがあった作品について紹介。

*横と縦で対比する場合、レンズの焦点距離を変えない=スケールを一定にすることを意識する。
00001598.jpg
00001599.jpg

*1枚でも左右対比の表現が作れる。その場合、左右対称が望ましい。
00001600.jpg

*明暗を見せる場合は同じ場所で光があたっている、いないを表現する。
00001601.jpg

*沢山見せすぎると対比が弱くなるのでもっとアップする。
00001602.jpg

*形を対比する場合、その形を真正面から表現する。
00001603.jpg

*色の対比の場合、同じ撮り方が望ましい。視覚的に如何に見せるかがポイント。
00001604.jpg

*対比する要素が多いと見る方が迷う。シンプルにまとめる必要がある。
00001605.jpg


*大小の比較は画面の中で同サイズにした方が良い。また、スケール感の差を表現する。
⑧


*左右の対比の場合、同じように撮る。すなわち、センターを合わす、スケール感をあわし、差が出てこないようにする。また、タテ・ヨコは使わない。
00001607.jpg

全員の作品研究後、先生の作品例示。特に1枚の写真の中での対比表現は参考になった。

午後からの自主活動で中身の濃すぎる連絡徹底事項
①スポーツ交流大会
②高大祭
③高大祭作品と修了作品展
④修学旅行
⑤撮影実技Ⅴ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR