FC2ブログ

6月27日 講義PSEの使い方 Ⅲ

 本日の講義は、PSE(フォトショップエレメンツ)の活用方法について3回目の講義です。
回数を重ねるにつれ処理内容も複雑な効果を表現できる詳細な方法の説明を受けている。
手順を追っての明瞭な講義を受けているはずながら、一部の受講者は別として、高度な内容になればなるほど脳の硬度も増してくる。
なかなか濃密な授業の一日となりました。

 講義要点は3項目
1 焼きこみ
2 作品のふちに線を引く
3 作品四周をギザギザ加工する
で、PSEの処理方法は、「クイック」「ガイド」「エキスパート」が用意されているが、個々人の使い勝手の良い方法を選択すればいい。
 PSEで作品処理する際に重要なことは、
●その作品の何をどうしたいのかという明確な目標(目的)を持って処理する必要がある。
●魔法の道具ではなく、自分で処理ステップを決め、機械に命令を指示してゆくものである。

 本日受講の3項目の習熟は、各自受講ノートを整備して、反復自習のみ。

 本日の講義概要説明
02概要説明


 焼き込み処理(ビフォーアフター2画面対比)
03焼きこみ


 ガイドを使用した画像処理
04ガイド使用


 四周をギザギザ処理途上の映像
06ギザギザ処理


 一心に理解しようと集中する受講状況
07受講風景


 受講終了後の状況
08就業後風景

 レポート  4班 E・A

午後からの自主活動で、撮影テクニックのDVDを視聴。
1本目は、「水」の撮り方。スローシャッター時の留意点で、三脚+一脚で四脚にしてカメラぶれを防ぐというようなアイデアもあった。
2本目は、いわゆるテーブルフォトの撮影テクニックで、クリップオンストロボの効果的な使い方の説明があった。

 レポート H.H

スポンサーサイト



6月20日 作品研究Ⅱ(神戸北野異人館他)

第Ⅱ回の作品研究授業、テーマは「ひかり」である。
先生から「光」が無ければ写真は撮れない、これを大前提にした上で、「光」を平仮名の「ひかり」とした意味を考え、このキーワードをどう捉え、被写体と対峙したのか、皆さんの考え方を見て行きたい。
この捉え方が写真技術の向上に重要なことである、との説明があり授業がスタートした。

**№1DSC08568B 

課題に対して多くの捉え方があり、人の感性の多様さと、又、苦労も感じられた。

**№2DSC08582B 

**№3DSC08618B 

**№4DSC08610B 

それぞれの作品に対して丁寧なコメントがあり、各自、大きな参考になったと思うが、その中で報告者が参考になると感じたポイントを記載させて頂く。

1.数のあるものは素数で表現した方が良い。
2.室内表現の時、ホワイトバランスで色々調整してみる。ランプ色
  は明確に変わる。
3.映り込みと実相の形の違いは面白いので注意してみる。
4.リアリティ部分と否リアリティ部分を一緒に撮らない方が良い。
5.ハーフNDを使用し、上下或いは左右の明るさの差を調整するこ
  とも必要。
6.縦位置の写真は体勢的にカメラぶれしやすいので注意する。
7.ビルは傾けない。真っすぐな物は真っすぐに写し、歪ませない。
  対策は、垂直・水平は画面の中央であわす。
  中央を通る線が基準であり、水準器があれば活用する。
  結果、サイドが台形状になっても構わない。
  又、青空の撮影にはPLを使用してみる。ビルが浮き出てくる。
8.良い被写体を見つけてシャッターを切って終わりで無い。
  これをどう見せるか、縦・横・望遠・広角を見直し、そして発見
  があって、良い状況で撮影する。
9.立ち位置を変え、カメラ目線を変えれば写りが変わる。
  あらゆる場面で有効である。

等々のコメントがあったが、
写真技術は経験がベースになる部分もあるが、やってみようという気持ちが必要で、その継続性が重要であるとのお言葉を頂き授業を終了した。
時刻が午後2時を回るほどの丁寧なご指導、本当にありがとうございました。

**№5DSC08567B 

レポート 3班 Ý・S

6月13日 撮影実技Ⅱ 神戸北野異人館など

撮影実技Ⅱ 撮影テーマは「ひかり」です。

午前中は神戸北野異人館あたりの撮影で、地下鉄新神戸に10時集合です。

初めての人もいてキョロキョロしながら無事に集合できました。

最初天気予報は雨マークがあったのですが、曇りから晴れへと移行して、見事に「ひかり」を撮影できる晴れマークにみんなニンマリです。

01 IMG_9214撮影実技挨拶
↑ 先生から今日の説明、撮影テーマの「ひかり」をしっかりとらえて撮影する事

02 北野異人館地図
↑ 午前中は先生の指示に従い神戸北野異人館あたりの撮影


03 撮影中jpg
↑ 先生、何を写しているのかな~


04 風見鶏の館
↑ 人気の風見鶏の館は萌黄の館との共通券で室内照明を求めて

05 並んで撮影
↑ “ここ撮れ ワンワン ワンワン” 優しいCDさんが送信して下さった力作です。

06 萌黄の館

↑ 萌黄の館前で、風見鶏の館との共通券が販売されています

07 撮影実技再集合

↑ 12時30分に北野町広場に集合。テーマの写真を2枚(組写真でも良い)と自由作品1枚を次回の作品研究Ⅱに提出との説明。午後は班単位で、自由行動となりました

08 モザイクより

↑ 2班はシティ・ループバスでモザイクへ移動。ルンルン気分でひかりを求めて

09 南京町

↑ 南京町は美味しそうなお店がずらり!

10 店内照明

↑ 喉も乾き、お店の中に引き込まれました。綺麗な照明で、思わずパチリ!

 

天気予報は晴れだったけれど、雲が太陽を隠したりでなかなか思う様に撮影が進みませんでした。クラスのメンバーの顔も少しずつ覚えられたころで、楽しい一日でした。

皆様暑い中、お疲れ様でした。来週の 課題作品、自由作品 を楽しみにしています。

 

レポート 2班 F.M.

 

6月6日 社会参加活動(準備活動)・特別教材学習会

 6月に突入、梅雨に入り、衣替えの季節となりました。衣服の収納場所の変更は済みましたか?
すがすがしい夏を迎えたいと思っているのですが・・・・
今日は、社会参加活動に何をやりたいか?先ず奉仕活動(ボランティア活動)をされている方・過去に経験された方の事例の意見を聞くことが出来ました。かなりの方が参加されているのですね。実は私も若いころ、地域の子供たちを集めボーイスカウトを設立し、活動に専念しました。
 さてこれより参加活動を班で、個人意見を持ち寄り、班単位で集約し、発表、社会参加活動をクラス単位で実施か?班単位で実施か?検討の結果、班単位で実施となる。これで準備活動が終わり、活動の詳細は今後の課題 9月26日は社会参加活動日。参加活動日の日程変更は可能。班の活動以外、他の班の活動参加も可能。
社会参加活動(準備活動)の協議中、和田理事長が参観されていました。
各班の社会参加活動の(案)
① 1班 大阪府内にある工場見学・区民まつりのスナップ撮影
② 2班 撮影会の実施・ギャラリー廻り
③ 3班 班単位で行動する・大阪府・大阪市の施設見学
④ 4班+5班合同 救急救命の勉強・見学会「例 大阪芸大の文化祭」
⑥ 6班 天神橋を行く(天満宮で宮司さんの講話を聞く・住まいミユージアム)
高大受講生のポートレート撮影(CDで渡す)
今後、活動行動詳細は詰めていくことになる。班単位での合同実施等は自由とするが個人単位は不可。
和田理事長の参観


準備活動 2

 午後からは特別教材学習会が「なにわの宮」ホールで行われた。
高大創立者の一人「佐藤 宏一会長」の「高大のあゆみ」の講義があり、高大のあゆみが理解できた。
会長の話しぶりは、聞く側を引き付ける力が見受けられた。
特別教材は「高齢者が動けば社会がかわる」の書籍を用いて一部補正説明が行われた。
高大は10年の設立を迎え、さらに、さらに、飛躍するだろう。
講演の佐藤宏一会長

「高齢者が動けば社会が変わる」の書籍
レポート 5班広報 T.M


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR