FC2ブログ

5月30日 講義PSEの使い方Ⅱ

今日の講義は、PSEの使い方2「PSEを使用しての印刷」です。
事前に先生から、マニュアルが配布され、そのマニュアルに従っての授業です。
先生から、テキストを順を追って読んで行けば、間違いなくやれるはずだと、冒頭、お話がありました。
昨年度まで、カメラ芸術研究科・創作科におられた方には、復習の確認になるはずです。
前半が「Jpeg Tiff画像のプリント」、後半が「RAWデータからのプリント」です。
00000989.jpg

【Jpeg・Tiff画像のプリント】
1. PSEを立ち上げる。
2. ファイル⇒開く フォルダから取り込む画像を選択⇒画像が展開
3. サイズ変更⇒画像解像度 解像度に「400」を代入
  この時、単位が pixel/inch になっていることを確認すること。
  ⇒画像解像度の変更終了
4. 画像調整⇒自動コントラスト
  ただし、あまりイメージが激変してしまう場合は、元に戻すこと
  も必要。
5. プリント プリントのウインドウが開く。
6. 設定を変更⇒詳細設定
   (設定内容はマニュアル参照)
7. 現在の設定を名前を付けて保存
  次回から既設定を使用する場合は、その設定を指定
8. 用紙設定 (設定内容はマニュアル参照)
9. プリントサイズの決定
  ※プリントサイズに合わせて切り抜く(C)は、絶対にチェックを
  入れない事(必須)。
10. 詳細オプション⇒カラーマネージメント
  (設定内容はマニュアル参照)
11. プリント⇒プレビューウインドウが開く⇒プリント開始
00000990.jpg

【続けてのプリント】
1. 画像の終了(×をクリック)
2. 保存しますか? はい
3. 上書きしますか? はい
4. 画質 12 最高(低圧縮率)
5. ファイル⇒開く 以下、前述と同じ作業
  設定された項目がある程度保存されているが、初期設定に戻って
  しまう項目もあるため、設定のやり直しを行う必要のある項目も
  ある。

【RAWデータからの印刷】
RAWデータは画像ではないので、直接印刷はできない。そこでRAWデータをPSEで画像に変換してプリントを行うことが必要となる。
1. PSEを立ち上げる。
2. ファイル⇒開く フォルダから取り込む画像を選択⇒画像が展開
3. 画像の調整を行い、最良の状態の画像を制作する。
  右上のヒストグラムの左上青、右上赤を夫々クリックして、
  ハイライト・シャドーのクリッピング警告をONにする。
  自動設定→初期設定に戻す
4. 赤く染まった部分は白トビを起こしている。
  ⇒露光量を調節して白トビを可能な限り無くす。
  ⇒コントラスト・ハイライト・シャドー他のスライダーも調節を
  行い、最良の状態の画像に仕上げる。難しければ、自動補正を行
  えば最も無難な画像に仕上げてくれる。この時、多少の白トビ・
  黒つぶれが残る場合もあるが、極端に多い場合などを除いてプリ
  ントではあまり影響が出ないので、安心して良い。
5. 一番下の彩度のスライダーを右に最大20まで移動して、鮮やかさ
  を調整し、右下の「画像を開く」をクリックして、RAWデータを
  現像画像化する。
  ※「完了」を押さない。
  RAWデータからの場合には、現像されたデータがPSD形式になっ
  ているので、印刷が終わり保存する場合にはJpeg・Tiffデータに
  変換して保存を行う事。
6. この後はJpeg・Tiff画像の場合と同じ様に工程にしたがって印刷
  の作業を行えばよい。
00000992.jpg

【ランチタイム懇親会】

午後から、森之宮駅前でランチタイム懇親会です。
まずは、先生のご発声で「乾杯」、いよいよスタートです。
00000995.jpg
午後1時のスタートですから、外は明るく、暑さも今年最高の30度という事ですが、皆さんの熱気で大々盛り上がり!
飲み放題の元を取るべく、頑張って飲んでます!

00000996.jpg
あらためて、お一人お一人から自己紹介タイム。
週刊誌も飛びつくような情報が出て、大丈夫かな?
締めはCDさんからのまとめでした。

00000997.jpg

2017年度カメラ芸術創作科の皆さん あらためてこの1年間、よろしく願いします。

レポート担当 6班 H.H
スポンサーサイト



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR