FC2ブログ

11月21日 撮影実技Ⅴ

今日は撮影実技Ⅴで、撮影地は大阪駅及びその周辺です。テーマは「自己」ですが、今日の撮影地では表現しにくいので、自由作品として撮影します。テーマの「自己」は別途、各自作成です。


大阪駅ビル5階 時空(とき)の広場 時計台前に10時集合です。

01 時空の広場集合

階段を上がったところに時計があります。

02 時空の広場

可愛い雪だるまが迎えてくれました。

03 雪だるま

大阪駅は通学で環状線に乗り換えるばかりで、殆ど駅の外観を見る事がありません。長い間の工事で、まだクレーンが屋上にありますが、南側の大阪駅の外観を写しました。

04 大阪駅南側

大阪駅北側はグランフロントの方へ行く事が多く、初めて外観を見ました。

05 大阪駅北側

グランフロントは銀杏で綺麗に彩られていました。

06 銀杏とグランフロント

振り向くと、大きなギフトが輝いていました。

07 ギフト

大阪駅南側からは、ビルに映った駅がモザイクになっていました。

08 モザイク

大阪駅新北ビルから梅田スカイビルが綺麗に見渡せました。

09 スカイビル

ヨドバシカメラ入口に、12時再集合です。

10 ヨドバシ入口再集合

午後からは各班単位による自由撮影です。まずはお腹を満たして・・・。

11 ヨドバシダイニング

次回は12月5日で、作品研究Ⅴです。大阪駅及びその周辺での自由作品2点、テーマ「自己」作品1点以上(過去の作品でも可)提出です。皆様の作品を楽しみにしています。


レポート 2班 F.M.

スポンサーサイト



9月19日 撮影実技Ⅳ テーマ「対比」 

 台風18号一過の晴天に恵まれ、紅葉にはまだ遠い南禅寺界隈で撮影実技が実施されました。
集合場所・時間  南禅寺三門前 10時
南禅寺の三門は高さ22Mの巨大なもので日本三大山門の一つです。
南禅寺の三門は1628年に再建され、389年の歳月を耐えた姿です。
重要文化財に指定されていますが登って観察することが出来ます。
各交通機関を乗り継ぎ南禅寺三門に集合。
〇DSC00276-1
班の参加者の確認と点呼その後、太田講師のテーマ「対比」の考え方の説明があり講師の指導による撮影会がスタート。
〇DSC00285-1
南禅寺三門前、テーマ「対比」の被写体を求め者、シャッターを切る音が聞こえる様々な光景が広がった。
12時、南禅寺三門に集合。班メンバーの点呼採り、これで午前の撮影実技は終わり。
〇DSC00382-1
午後の行動は、班単位の行動のため、各班の行動は把握できない。午後3時を以って自然解散
午後の作品は作品研究会までお楽しみ・・・・
〇DSC00477-1
永観堂庭園で小さい秋を見つけました。

作品研究Ⅳ(10月3日)
 テーマ「対比」作品:2組(4枚)、自由作品:1枚 の提出

 ※9月26日は社会参加活動日で教室は空いていません。

5班 T.M

7月4日 撮影実技Ⅲ テーマ「スケール」 鶴見緑地公園

台風3号の影響で曇り、蒸し暑い日であった。
この地で、平成2年(1990年)に国際花と緑の博覧会(はなの万博)が開催された。
7月撮影実技Ⅲ 鶴見緑地公園で実施されました。
集合は地下鉄鶴見緑地駅 10時
三々五々に集合班長の点呼、太田先生のテーマ「スケール」についての考え方のアドバイスがありました。
◎DSC08949-1
◎DSC08953-1

昼は、12時30分大池前に集合。
午前は、太田先生の指示に従い園内へ移動。テーマ「スケール」の被写体選びが重荷であった。
午後12時30分に集合。全員集合の席で、午後の授業は、台風3号接近のため休校。
講評写真は班長に「スケール」に対応する作品2点+自由作品1点の計3点を送付する
◎DSC09071-1
◎DSC09075-1

公園を離れる者、咲くやこの花館へ移動する者とわかれる。
「咲くやこの花館」ほ地球上の異なる気象条件を8ゾーンに分け自然に近い状態で栽培展示されています。
山のエリアに属する「鶴見新山」は地下鉄工事で出た砕土を積み上げて出来た山です。
当公園は、四季に応じて春には草木に花が咲き、秋には実り、紅葉を迎えます。
秋から春にかけて野鳥(渡り鳥)の中継地になり、野鳥撮影の愛好家の撮影基地なります。
また若者たちは季節にこだわらず「コスブレ」を楽しむ若者の姿が目に入る公園でもあります。
DSC09671-1-3_1.jpg 

小生の写真撮影のホームグラウンドでもある。 冬場の野鳥(翡翠)撮影に通い詰める公園である。
5班 T..M

6月13日 撮影実技Ⅱ 神戸北野異人館など

撮影実技Ⅱ 撮影テーマは「ひかり」です。

午前中は神戸北野異人館あたりの撮影で、地下鉄新神戸に10時集合です。

初めての人もいてキョロキョロしながら無事に集合できました。

最初天気予報は雨マークがあったのですが、曇りから晴れへと移行して、見事に「ひかり」を撮影できる晴れマークにみんなニンマリです。

01 IMG_9214撮影実技挨拶
↑ 先生から今日の説明、撮影テーマの「ひかり」をしっかりとらえて撮影する事

02 北野異人館地図
↑ 午前中は先生の指示に従い神戸北野異人館あたりの撮影


03 撮影中jpg
↑ 先生、何を写しているのかな~


04 風見鶏の館
↑ 人気の風見鶏の館は萌黄の館との共通券で室内照明を求めて

05 並んで撮影
↑ “ここ撮れ ワンワン ワンワン” 優しいCDさんが送信して下さった力作です。

06 萌黄の館

↑ 萌黄の館前で、風見鶏の館との共通券が販売されています

07 撮影実技再集合

↑ 12時30分に北野町広場に集合。テーマの写真を2枚(組写真でも良い)と自由作品1枚を次回の作品研究Ⅱに提出との説明。午後は班単位で、自由行動となりました

08 モザイクより

↑ 2班はシティ・ループバスでモザイクへ移動。ルンルン気分でひかりを求めて

09 南京町

↑ 南京町は美味しそうなお店がずらり!

10 店内照明

↑ 喉も乾き、お店の中に引き込まれました。綺麗な照明で、思わずパチリ!

 

天気予報は晴れだったけれど、雲が太陽を隠したりでなかなか思う様に撮影が進みませんでした。クラスのメンバーの顔も少しずつ覚えられたころで、楽しい一日でした。

皆様暑い中、お疲れ様でした。来週の 課題作品、自由作品 を楽しみにしています。

 

レポート 2班 F.M.

 

5月9日 撮影実技Ⅰ(伏見稲荷大社)

 定刻10時に集合後、2017年度創作科、最初の撮影実技がスタートした。
空は曇り、生憎の天候と考えるか、撮影に最適と考えるか、それぞれの思いを胸に撮影に散った。
12時半の再集合、15時の集合解散というスケジュールの中で、「楼門」辺りからスタートする人、当初から山頂を目指す人、いろいろであったが、今回は事前に撮影のテーマ「いろ」が指示されていたため、ある意味、大方の人が厳しいと感じる撮影になったと思う。
ただ、その思いが反映されてか、提出作品3枚中に、1枚は自由作品でも構わないと再指示されたのかもしれない。

1_DSC09441ブログ 
  ↑ 伏見稲荷大社の門前町

2_DSC09445ブログ 
  ↑ 撮影前に創作科全員で集合写真

日本を訪れる外国人観光客、第一位を誇るだけに境内には多くの外国人がいて、それぞれが記念写真に興じていたが、それは日本人をはるかに凌駕する数で驚くべき光景であるとも言える。
その中で修学旅行生や家族連れ、あるいは老夫婦らしき人々の参拝、記念写真風景を見るとホットするものが感じられた。

3_DSC09447ブログ  
  ↑ 「楼門」前で記念撮影する外国人観光客
 

8_DSC09446ブログ 
  ↑ 「本殿」横から登りが始まる

 
「千本鳥居」は大社にあって最大の人気スポットであり、混雑を避けるため片側通行の状況ではあったが、それなりの風情を楽しめたと思う。
千本鳥居を越えた「奥の院」が12時半の再集合地である。


11_IMG_4663ブログ 
  ↑ 「千本鳥居」、ここから一方通行

 
12_DSC09454ブログ 
  ↑ 「千本鳥居」の参道を登って「奥の院」

再集合後、撮り残した、或いは、まだ行っていない場所を求めて、各自撮影に散った。
少し厳しい登坂の参道の中を「熊鷹社」から「四ツ辻」を目指したが、途中から小雨が降る状態で雨対策を十分とっていなかった私は、登山、撮影ともに難儀したが、何とか「四ツ辻」には到着する事が出来た。


14_DSC09461ブログ 
  ↑ 新池 越しに「熊鷹社」を望む

18_DSC09464ブログ 
  ↑ 「四ツ辻」から京都市街を一望

13_IMG_4736ブログ
    ↑ 玉をくわえる狐

 今回は撮影のテーマに対応するために時間配分が難しく、当初から山頂の「一ノ峰」参拝を諦めていたが、時期を見て再訪問したいと考えている。
人の多さに登坂、更には小雨も降る、疲れやすい環境ではあったが、定刻15時に再集合し解散、無事第一回目の撮影実技を修了した。

レポート 3班 Y.S.



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR